人の流れプロジェクトとは - About People Flow Project -

人の流れプロジェクトとは
- About People Flow Project -

本サイトは、東京大学空間情報科学研究センター「人の流れプロジェクト」に関するサイトです。
近年、防災や防犯、マーケティング、交通・都市計画などにおいて、ダイナミックに時々刻々と変動する人々の動きを面的に把握する必要性が出てきています。 一方、その人々の動きを捉える技術には、従来のパーソントリップ調査のような統計調査による静的データに加え、GPS,CDR(携帯通信履歴),カメラ,BLE,ICタグなどがあり、近年の技術革新により詳細な計測が可能となってきています。
しかし、これらのデータをビジネスレベルで流通可能にするには,多種多様なデータの品質をある程度そろえる必要があり、調査・計測からデータの加工・蓄積、表示・提供に至るまで 一連の流れをバランスよく効率的に処理することが重要です。これまで、個々の調査主体に依存し、ブラックボックス的に行われてきたこれら処理に関して, 「人の流れプロジェクト」では大量の人々の流れに関するデータの品質の確保と、 その処理のための共通基盤やデータ処理技術のあり方について概観し、研究者や実務者などを対象とした時空間サービスの実現を目指します。

メンバー
関本 義秀[代表](東京大学 空間情報科学研究センター)
樫山 武浩(東京大学 生産技術研究所)
Pang  Yanbo (東京大学 空間情報科学研究センター)
顧問
柴崎 亮介 (東京大学 空間情報科学研究センター)

ページの先頭へ